もり~ゆ 野巡りの日々、第3章

身近な場所を始め、自然のことなどを書いていきます。

「或る農学生の日誌」感想(邪道です;)

賢治さんのは一通り読み終えたらそれはそれで書く予定です。

今日はこの「或る農学生の日誌」を読み終えたのでした。

あの時代のまじめな農家出身の青年らしい日誌という内容なのですが(勿論書いたのは賢治さんで創作です)、

 

当時修学旅行行くのにも大変だったんですね。

家庭によっては費用の捻出が出来ないところもあったとは。

でも参加人数が規定以上でないと実施できないこともあり、行ける状況の生徒からは責めるような視線も浴びたのだろうか。

(結果は二人足りなかったけど学校の方で誤魔化し申請して:笑、実施に至る)

 

それにしても北海道へ4泊5日って、今思ってもかなり大がかりで贅沢な気がするよ~。まあ、交通手段が今と違うというのもあるのでしょうが。

 

で、日誌を書いた生徒の家では、お母さんのお伊勢参りもまだであるし、お婆さんもそんなに旅行(お参り)行けてないのと、干ばつで大変だったのに旅行なんて周りに後ろめたいなどでなかなか良い返事がもらえなかったのだけれど、子を思う気持ちはいつの時代も同じ。修学旅行に行けるようになったのでした。

 

で、折角得たこの機会、隅々まで見て家族にお土産話をと意気込んでいたのに、肝心の修学旅行途中で日記が一旦途切れてしまうとは?ゆでガニショックから??

 

現代だったなら、スマホでLINEで家族に写真などで送れるし、Facebookやインスタ駆使して思い出を記録できますよネ!「函館なう、イェ~イ!」なんて・・・。

農学生さん(中身は賢治さん)はまじめだからそんな風には報告しないか・・・。

 

今、コロナで旅行やお出かけはしにくいし、自粛している人がいる一方で、Go toトラベルとかGo to eatなんてものが行われています。ですがこの所の感染の波で見直しに入りそう、、それはそうでしょう~~、と思いますが。

私も本当なら飛騨などに飛んでいきたい。デモ今は我慢;

ですが、あの当時は旅行と言えば農学生の家のようにお伊勢参りとか善光寺参りなどの機会しか無くて、一生にそう何度も行く機会は無かったのですね。それを思えば、ここ1,2年なら我慢できるか・・・(でも早く収束して欲しいです)。

 

感想は全然格調高くもない邪道なものになってしまいました。

 

農学生(後に卒業)さんの勉強したことで農家のみんなを救いたいという気持ちが綴られています。

どんぐりの実なり状況調査 2020年 第2回

全体に青い文字が今年の様子です。

 豊橋市U町
2007年コナラ 豊作  スダジイ 不作(但しM池のスダジイ1本は並作の模様) アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2008年コナラ 並作  スダジイ 並作(M池の樹は伐られてしまった) アラカシ(S池周辺の1本)豊作

2009年コナラ 並作  スダジイ 並作  アラカシ 並作

2010年コナラ やや不作 スダジイ 並作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作

2011年コナラ 不作  スダジイ不作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2012年コナラ 不作  スダジイ やや豊作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2013年コナラ やや不作 スダジイ並作  アラカシ(S池周辺の1本)並作
2014年コナラ やや並作 スダジイ不作 アラカシ(S池周辺の1本)大豊作
2015年コナラ 不作  スダジイ並作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作

2016年コナラ 並作  スダジイ並作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2017年コナラ 並作  スダジイ やや豊作  アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2018年コナラ 並作(但し青い内に落ちたかも) スダジイ 並作 アラカシ(S池周辺の1本) やや不作
2019年コナラ やや豊作  スダジイ 豊作(神社が結構多い)  アラカシ(S池周辺の1本) 豊作
2020年コナラ 不作  スダジイ 並作か アラカシ(S池周辺の1本) 豊作 アカガシ凶作(1個だけ)

 

豊橋市葦毛湿原
2007年コナラ 豊作 アベマキ 不作  アラカシ 豊作
2008年コナラ 並作 アベマキ 並作  アラカシ 不作か?
2009年コナラ 不作 アベマキ 不作? アラカシ 並作か?
2010年コナラ 凶作 アベマキ やや不作 アラカシ 不作
2012年コナラ 並作 アベマキ 凶作  アラカシ 並作
2013年コナラ やや豊作 アベマキ並作 アラカシ並作か?
2014年コナラ 凶作 アベマキ 不作  アラカシ やや不作
2015年コナラ 凶作 アベマキ 凶作  アラカシ 並作

2016年コナラ 凶作 アベマキ 並作  アラカシ 不作? 

2017年コナラ 凶作 アベマキ 凶作  アラカシ 並作 

2018年コナラ 並作

2019年コナラ 不作 アベマキ やや不作か アラカシ 並作

2020年コナラ 凶作 アベマキ 不作か アラカシやや不作

 

豊橋市赤岩寺
2013年コナラ やや豊作 アベマキ豊作 スダジイ凶作 ツクバネガシ豊作 クリ(1本)豊作

 

豊橋市岩屋山
2007年コナラ 豊作
2008年コナラ 並作
2009年コナラ 豊作(野鳥同好会Fさんのお話より)
2010年コナラ 凶作 アベマキ並作か? スダジイ並作
2013年コナラ 豊作

2018年コナラ 不作

 

豊橋公園
2007年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 豊作
2008年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 不作
2009年スダジイ 不明   アラカシ 豊作  シラカシ 不作 ツクバネガシ 並作
2010年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 並作 ツクバネガシ 凶作 アカガシ 凶作 
2011年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 並作 ツクバネガシ 並作 アカガシ 並作
2012年スダジイ 並作  アラカシ 豊作  シラカシ 並作 ツクバネガシ 不作 アカガシ 不作
2013年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作 シラカシ 並作 ツクバネガシ やや不作 アカガシ やや不作
2014年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作  シラカシ やや豊作 ツクバネガシ やや不作 アカガシ やや不作
2015年スダジイ 豊作 アラカシ 並作  シラカシ やや豊作 ツクバネガシ やや並作 アカガシ 豊作 コナラ 並作

2016年スダジイ 豊作 アラカシ 並作  シラカシ 並作  ツクバネガシ 並作 アカガシ不作 コナラ凶作の模様

2017年スダジイ 豊作 アラカシ 並作 シラカシ 豊作  ツクバネガシ 不作 アカガシ 不作 コナラ やや不作か

2018年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作 シラカシ 並作か ツクバネガシ 不作 アカガシ 凶作 コナラ やや不作か

2019年スダジイ 豊作 アラカシ 並作か シラカシ 並作 ツクバネガシ やや並作に訂正   アカガシ 凶作 コナラ 不作 

2020年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作 シラカシ 並作 ツクバネガシ 不作 アカガシ 豊作 コナラ 豊作

*5年ぶりのアカガシ豊作!

 

豊川市塚山公園
2007年コナラ 豊作  ツブラジイ 豊作

 

田原市蔵王山
2007年コナラ 豊作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 並作か?
2008年コナラ 大豊作 スダジイ 豊作 ウバメガシ やや豊作
2009年コナラ 並作  スダジイ やや豊作 ウバメガシ やや不作
2010年コナラ 不作  スダジイ 大豊作 ウバメガシ 並作  アベマキ 並作
2011年コナラ 豊作  スダジイ 不作(一本のみ豊作) ウバメガシ 豊作 アベマキ 並作
2012年コナラ 並作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 不作  アベマキ 豊作
2013年コナラ 豊作  スダジイ 並作  ウバメガシ 並作  アベマキ 並作
2014年コナラ 豊作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 豊作  アベマキ 大豊作
2015年コナラ 不作  スダジイ 豊作  ウバメガシ やや不作 アベマキ 並作 
2016年コナラ やや豊作 スダジイ 凶作 ウバメガシ 不作 アベマキ 並作
2017年コナラ 並作   スダジイ 並作  ウバメガシ 並作 アベマキ 並作

2018年コナラ 凶作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 不作  アベマキ 並作

2019年コナラ 豊作  スダジイ 並作   ウバメガシ 凶作  アベマキ 並作

2020年コナラ 豊作 スダジイ 豊作 ウバメガシ 不作  アベマキ 豊作 

    クリ 豊作

 

田原市伊良湖岬
2010年ウバメガシ 並作
2012年ウバメガシ 豊作
2013年ウバメガシ 並作
2014年ウバメガシ 並作
2015年ウバメガシ やや豊作

2018年ウバメガシ 豊作

2019年ウバメガシ 並作

2020年ウバメガシ 不作か

 

愛知県民の森

2019年 アラカシ 並作か ツクバネガシ 大豊作の木が一本

 

豊田市小原村

2019年 シラカシ 大豊作 アベマキ 豊作

 

瀬戸市海上の森
2007年コナラ 豊作  ツブラジイ(多度神社)不作 アラカシ 不明(11月4日篠田池堰堤上の樹は豊作でしたが)
2008年コナラ 並作  ツブラジイ(多度神社)並作 アラカシ 不明
2009年コナラ 大豊作(「カシノナガキクイムシによる種の脅かしに備えてか?) ツブラジイ不明 アラカシ不明
2010年  未調査
2011年コナラ 不作 ツブラジイ不明 アラカシ 並作か? アベマキ不作か?
2012年コナラ 大豊作  ツブラジイやや不作 アベマキ 不作か?
2013年コナラ 凶作 ツブラジイ(1本)豊作 アベマキ不作 アラカシ並作か?
2014年コナラ 凶作 ツブラジイ 不作             アラカシ 不作
2015年コナラ 不作 ツブラジイ やや不作 アベマキ不作 アラカシ不作
2016年コナラ 大豊作 ツブラジイ 豊作(里山サテライトそば) アベマキ 並作 アラカシ 豊作

2017年コナラ 凶作 ツブラジイ豊作(多度神社そば) アベマキ 凶作 アラカシ 不作か

2018年コナラ 豊作 ツブラジイ 不作 アベマキ 不作? アラカシ 豊作

2019年コナラ 並作か ツブラジイ 不明 アベマキ 並作? アラカシ 並作か

 
瀬戸市愛知陶磁資料館
2008年フモトミズナラ(元モンゴリナラ) 豊作(主人が拾った様子から)

アカトンボとどんぐりを探して~田原蔵王山 その2

お昼の後、降ります~。

この時アカトンボ類を気をつけていないか見てみましたが、この日は1頭も姿を見ませんでした・・・。

f:id:morigaii:20201122213828j:plain

クサギ

f:id:morigaii:20201122213856j:plain

ヤマボウシ

花を沢山付けた様子を見ています。残念ながら甘い実は成らなかったか、成っても鳥などに食べられるなどして間に合わなかったかで10月の時は無く・・・。

でもこんな淡い感じの紅葉になることを知りました。

いや、多分昔面の木峠で見ているのかも知れないけれど・・・。もう記憶がね;

f:id:morigaii:20201122213919j:plain

ヤマグリ

実の詰まった実は既に無いけれど、いがの数から豊作だったみたいですね。

それから、、、

f:id:morigaii:20201122213946j:plain

f:id:morigaii:20201122214010j:plain

わぁ~~~。

植栽樹ですが、ナンキンハゼの落ち葉が鮮やかに階段を彩っているのを発見。なかなかこんな光景出会えないですよね~。

 

f:id:morigaii:20201122214028j:plain

f:id:morigaii:20201122214054j:plain

センボンヤリ

f:id:morigaii:20201122214132j:plain

ウラナミシジミ

まだいましたね。この地域では越冬できるのか否か?春先いつ頃から現れるのか、気をつけて見ていたいチョウです。

f:id:morigaii:20201122214218j:plain

f:id:morigaii:20201122214240j:plain

この日の拾い物。友人にLINEでも送った画像(こちらはデジカメですが)。

右はタイサンボクの実、そしてスダジイの実、ナンキンハゼの落ち葉。

 

f:id:morigaii:20201122214306j:plain


トイレですが、、コカマキリがいました。

今回の蔵王山でも良く歩き、そして幸せな一時となりました。

やっぱり森や山はいいな~~。

コロナ禍が収束したら、今年は行けずにいるあの森とか、あの山とか、あちらの森とかを、、どこまでもどこまでも歩いていきたいので、歩く機会はなるべく作りたいと思います。勿論感染対策してね!

 

アカトンボとどんぐりを探して~田原蔵王山

11月16日

葦毛湿原の次は、田原市蔵王山まで。

先月もYu-Yuさんとで行ったのですが、まだシイの実は落ちていない樹もあるだろうと思われ、11月に入ったならあるでしょう、ということで。

平日の月曜日なので、人も少ないことを狙って行ったのですが、いざ、来てみるとそこそこいるし、小学生くらいの子ども達も来ている・・・。どうやら学芸会の振り替え休日だったようです。学芸会、コロナ過の中ですが無事開催できたんですね。

f:id:morigaii:20201122213008j:plain

ヤブツバキが咲いていた。

駐車場そばの植え込みのヤブツバキ、花が咲いていました。咲き始めの花は実はあまり綺麗ではないのは毎年お決まりのようなもの。春の時期が一番の美しさになると思います。

 

f:id:morigaii:20201122213052j:plain

権現の森から。

f:id:morigaii:20201122213117j:plain

 

f:id:morigaii:20201122213139j:plain

シイの実は一杯落ちていた。

権現の森~急な石段を登るとスダジイの巨木が続き、石段上にもシイの実が良く落ちているのが分かるようになります。

手前にあるのはイタビカズラ。前はもう少しあったのだけど、刈り払われたのでしょうね。

f:id:morigaii:20201122213222j:plain

石段を上がったところの広場で。デジカメの設定切り替えしていなくて、暗めの画像になってしまった。

ここでは鳥居や祠があります。

 

f:id:morigaii:20201122213244j:plain

樹間から見えるコナラを撮りたかったのでした。ここではコナラのどんぐり沢山ありました。

f:id:morigaii:20201122213311j:plain

ヒヨドリジョウゴ

ここで見るなんて初めてかも知れない。

f:id:morigaii:20201122213338j:plain

植えられてしまったあじさい周りにありました。ノコンギクも。元々はこうした野花が何種かあるので、過度な草刈りはしないで欲しいところです。

f:id:morigaii:20201122213401j:plain

センチコガネかオオセンチコガネ

落ち葉がガサゴソ動くので、あ、ミカワオサムシさんだな、と思ったら、

海上の森で教えてもらったセンチコガネか、オオセンチコガネのどちらかです。頭の形で分かるらしいけれど、糞を食べる虫なので触るのは抵抗が・・・。海上の森で教えてくれた虫屋さんのGさんでさえ躊躇していましたからね・・・。

でも場所が違うところでもこうして出会いがあることが分かるのは嬉しいですね。

f:id:morigaii:20201122213447j:plain

ヤブコウジの赤い実は小さくても嬉しい。

f:id:morigaii:20201122213515j:plain

ミノウスバ

近所でも会ったミノウスバ。金色の綺麗な蛾。

f:id:morigaii:20201122213546j:plain

こちらはさっぱり・・・。

10月の時から既にそうでしたが、こちらのコマユミは実は殆ど無い。花は割と咲いていたのにも関わらず、だったのです。

f:id:morigaii:20201123121227j:plain

今年の5月8日の様子。それなりに花はあった。

f:id:morigaii:20201122213631j:plain

コウヤボウキ

f:id:morigaii:20201122213655j:plain

スルガテンナンショウ

今回赤い実などがあっちこっちあって楽しかったです。

f:id:morigaii:20201122213725j:plain

頂上から三河湾

頂上到着。展望台でカレーセットいただきました。柿のサービスに感謝♪

アサギマダラが今年は来るのがとても少なかったそうです。

気候の関係で、植えたフジバカマの花が咲くタイミングが合わず(私は呼び込みは賛成しませんが)、また渡りのルートも今年は変わったのではとのことですが・・・。

続きます。










 

アカトンボとどんぐりを探して~葦毛湿原

11月15日。

長く自然観察していると、課題は増えていきますね・・・。

近所以外のどんぐりの実なり状況、そしてアカトンボ情勢を見たくて、この日は結局お昼到着になっちゃったけれど、簡単なお弁当(ですがチダイの鯛飯の残りですよ!と、残ったおかずを詰め込んだだけ)持参で葦毛湿原へ行きました。

f:id:morigaii:20201122211908j:plain

やっぱり実が一杯!

駐車場から広場へ。

ここでもクスノキは実なりが良好です。

人はやはり沢山来ていますね。

広場のベンチでまずはお弁当。

目の前の長尾池にはカイツブリが3羽いました。カイツブリは近所やここでは安心して暮らせるようです。

近所と違ってここの子たちは人に慣れているためか、割合近くまで来てくれている、ウチ(近所)の子たちなんて、ちょっとでもこちらの姿を見ようものならすぐさま「ピッ!」なんて警戒声を発するのに;池のそっちの内側にフェンス越えてなんてこちらは行けやしないよ~;なんですけどね。

 

と、カイツブリ眺めながらのお弁当タイム終わり、出発。

 

f:id:morigaii:20201122211953j:plain

色づき始める

コナラがそろそろ黄葉しかけています。しかしどんぐりはほとんど落ちていません。ここはあまりコナラのどんぐり成らないのですよね~。

この様子を見るとあの森に行きたくなる・・・。けど公共機関は今のご時世、、(泪;)

 

f:id:morigaii:20201122212023j:plain

まるでコマユミツリー。

道中見たコマユミ。こんなに沢山実を付けるのを見たのは初めてです。まるでツリー状態。翌日登った蔵王山のものは全くと言っていいくらい実がないのに対して対照的です。

f:id:morigaii:20201122212103j:plain

メギ

湿原到着。

f:id:morigaii:20201122212205j:plain

スイラン

スイランも名残の花が。湿原はもうすっかり晩秋の装いです。

 

f:id:morigaii:20201122212235j:plain

ヒメアカネ

いました、去年と同じく、ヒメアカネが。アキアカネよりも一回り小さく、顔が白いので見分けやすいです。良く木道に停まっています。

f:id:morigaii:20201122212304j:plain

ミヤコイバラの実

透き通った赤い実は、宮沢賢治の「良く効く薬とえらい薬」の透き通ったバラの実そのもの。

 

f:id:morigaii:20201122212424j:plain

f:id:morigaii:20201122212443j:plain

ヤマラッキョウ

f:id:morigaii:20201122212538j:plain

アキアカネかな?

姿形からマユタテアカネなどではなく、アキアカネか、もしかしたらナツアカネなのかも知れません。両者の見分けは近くで、または捕まえないと難しい様です。

アカトンボ類は、ヒメアカネと合わせてここでは延べ20頭ほどいました。近所に比べれば生息条件は良いでしょうね。

f:id:morigaii:20201122212618j:plain

フユイチゴ

f:id:morigaii:20201122212648j:plain

一回りしてベンチでお茶休憩。両隣コナラの間にいる樹はヤブニッケイでした。あの海上の森では1,2本あって、重宝がられますが、こちらでは準メンバークラスかな。

 

f:id:morigaii:20201122212745j:plain

手前の樹の隙間から見える森。以前はもう少し茂っていたので見られなかった景色です。

f:id:morigaii:20201122212807j:plain

貴方は無事だったんだね。

戻りの道で。ここにはウリカエデが2本あったのですが、1本伐られてしまったようです。もう1本も無いのか、、と思っていたら小さめのこの樹は無事でした!良かった。ここでは少ないか、ここしかないかもしれない。

落ち葉を拾って手帳に挟みました。葉っぱの絵を久しぶりに描いてみたいです。

この日アオバトの鳴き声を聴いたし、帰りの駐車場ではジョウビタキツグミにも出会いました。

この後、二川の駒屋に寄ったり、豊橋動植物公園に寄ったりして、Facebookで知った人にお会いしたり、動植物公園内で演奏していたいがりさんに会ったり、自然史博物館での小中学生自由県境入賞作品を見たりしたのでした。なかなかに充実しました。

 

 

アカトンボが割と見られました!(ご近所の自然観察) 続き

セイタカアワダチソウと並ぶこの時期の草と言えば、

f:id:morigaii:20201122211235j:plain

ススキ

f:id:morigaii:20201122211306j:plain

私の身長かそれより少し高いくらい・・・。

豊橋南部の近所のススキの背の高さは私の身長(156㎝)とほぼ同じか、それより少し高い位なのがほとんどかな・・・。

岩手県西和賀のススキは2メートルくらいあるらしく、刈っているSさんの背丈を遙かに超えているし、トラックの荷台に積んでもそこからはみ出る様子をFacebook画像で見ています。

(余談ですが、お孫さん誕生、おめでとうございます!)

f:id:morigaii:20201122211353j:plain

キタテハです!

コシロノセンダングサに来ていたキタテハ撮影成功!画像記録初。そして絵に描けるね!

f:id:morigaii:20201122211422j:plain

ヤブツバキの実がはじけて大きな種子が顔を出す・・・。もうすぐ花の季節。

f:id:morigaii:20201122211443j:plain

ツルグミ

咲き出しました!スパイシーな甘さの香りです。

f:id:morigaii:20201122211509j:plain

マユミ

近所ではもうここしか無い・・・。

f:id:morigaii:20201122211534j:plain

事件発生

f:id:morigaii:20201122211559j:plain

どうやらカルガモマガモクラスのカモが何ものかに襲われたようです。この時は1羽のハシボソガラスが突っついていたようでした。襲った本人かどうかは不明。

 

f:id:morigaii:20201122211619j:plain

 

このところ、近所巡りの際にはゴミ拾いを無理無い範囲ながら行っていますが、、530の街豊橋の名は一体どこに?と毎回思ってしまいます。

拾った後の分別作業もある・・・。ただ、プラゴミも汚れたりしているので燃えるゴミに、缶も汚れたり潰れていればこわすゴミにしています。

今のご時世、手洗い必至、今度は消毒液も携帯しようかな?

f:id:morigaii:20201122211710j:plain

今年は成り年かも知れません。

クスノキの実が多いと感じます。タブノキのあの愛嬌ある実は今年は見ない、、、それもそのはず、今年の春、この辺りのタブノキには花が全く無かったのですから;

アカトンボ類(おそらくはアキアカネ、、ナツアカネってここでもいるのかな?)はこの日延べ10頭見ることができました。今年一番の多さですね。でも往事の庭の洗濯干しに停まった時よりは明らかに少ないと思います。

ノシメトンボは今年まだ1度も見ていません。

 

 

アカトンボが割と見られました!(ご近所の自然観察)

11月13日のご近所めぐりの様子です。

先週6日に廻ったときは、アカトンボ類は1頭しか現れず、今年はもうこれで終わりなのかな~?などと思っていました。

さて、この日も頑張ろう!

f:id:morigaii:20201122194543j:plain

セグロアシナガバチみたい。

電柱に停まって、日の光を浴びているのでしょうか?

そろそろ女王バチは越冬の時期ですね・・・。

f:id:morigaii:20201122194642j:plain

紅い塗り箸みたい!

曲がっているから使えなさそうですが;

テイカカズラの綿毛入りの大きな鞘です。実際はねじれた螺旋状に鞘の表皮はなっているのだと思われ、螺旋がはじけて中から綿毛が出てきますね。

f:id:morigaii:20201122194745j:plain

ツタの紅葉最高潮。

f:id:morigaii:20201122194812j:plain

咲き始めた。

ビワの花が咲き始めました。メジロたちの蜜源植物。ヤブツバキと並んで冬期のご馳走ですね。

f:id:morigaii:20201122194844j:plain

この日はいました!

この日は早速1頭目が登場!

f:id:morigaii:20201122194920j:plain

ナンキンハゼ

f:id:morigaii:20201122194947j:plain

オン・ステージ!!

N池でのカワウ。翼を広げて、ロックでも歌いそうな感じ。8羽いました。追い払う振りをして逃げていただく。人怖いと思ってもらった方が良いと思うのです。

f:id:morigaii:20201122195022j:plain

樹上では鳥たちが賑やかだった。

黄葉し始めたアキニレの樹上当たりで、シジュウカラコゲラ、そしてメジロたちの声が聞こえて賑やかでした。時折葉っぱがはらはらと散っていく所は、秋の平和な光景という感じでした。

f:id:morigaii:20201122195120j:plain

ここにも!ここでは6頭くらいいたのじゃないかな?

N池でアカトンボ類や池のカモを見ていましたら、やや遠くで「ケケッ」の声。ツグミです!その方向を見たら2,3羽特徴のある飛び方をして去っていく鳥の影が。

この日がこの年のツグミ初認日となりました。

f:id:morigaii:20201122195202j:plain

こっちで背が高いのは文字通りのセイタカアワダチソウ

2メートルを超える草と言えば、こちらでは場所によってはこのセイタカアワダチソウですね。この頃は勢いが落ちて背の低い所もあったりしますが。

続きます。