もり~ゆ 野巡りの日々、第3章

身近な場所を始め、自然のことなどを書いていきます。

あれから少し前進はした豊橋市ですが。

緊急事態宣言、愛知県も開けました。開けてしまいましたと言うべきかも。

さて、豊橋市のコロナ感染対策、あれからどうなったかというと、少しは進展はしてきた感じです。他市のそれに比べると覚束ないのですが・・・。

 

www.city.toyohashi.lg.jp

市の取組、サイトの変化など

懸念は現実になってしまった~県内ワーストワン

https://www.pref.aichi.jp/uploaded/life/349584_1438175_misc.pdf

他市はここまできた。

www.city.toyota.aichi.jp

市議会一般質問感想

 

更新途中です。次の更新の画像も上げつつ、ちょっとゆるゆるかも知れませんがご容赦の程を。

 

今の状況ペースで行くと、7月後半~8月辺り、、結構また酷くなるんじゃないかという予測を立てて見ています。オリンピックも開催するとか言っている日本政府のこともあるし、、ねぇ~;;;

巣だった子たちがいた一方で(ご近所の自然観察) 続き

M池に来ました。

f:id:morigaii:20210616220641j:plain

先週より勢いが良い;

セイヨウヒキヨモギあります。N池にもあってびっくり。彼らどうやって侵入するの?N池のは抜きましたが。これも描いて通信載せたいけれどなかなかキャパが足りなくて;

f:id:morigaii:20210616220710j:plain

コフキトンボです。

今年も無事現れました~。

f:id:morigaii:20210616220739j:plain

こちらはコシアキトンボ。

今年は、チョウトンボやショウジョウトンボなどの水草が卵やヤゴなどの住処となるトンボが果たして出てくれるのかどうかが気になっています。ギンヤンマもどうかな~?と。

f:id:morigaii:20210616220821j:plain

もう咲いている。

ツユクサ、いつもなら6月からじゃないのかな?

f:id:morigaii:20210616220847j:plain

イカさん(テイカカズラ)シャンデリア状態。

U大池に来ました。その手前の公園で・・・。

f:id:morigaii:20210616220914j:plain

まだ動いていましたが・・・。

一瞬何かの虫?と思って良く見たら、種は不明ですがどこかの巣から落ちたかなにかしてしまった鳥のまだ羽毛も生えていない雛でした。

まだ動いていましたが、恐らく連れ帰っても育たないでしょう・・・。

無事巣だった子たちもいれば、こうして助からなかった子もいる;巣だっても周りは捕食者など危険と隣り合わせです。自然界は厳しいね。

私達人はその輪からは外れてしまっていますが。

本来医療福祉は自然界にはないので、野生のまま、厳密に暮らしたら人類はあっという間に減ってしまうでしょうね;コロナの今なら滅びの所にまで近づいてしまうかも知れません。

ノーマスク、反ワクチンの主張の方はその辺りどうお考えかと。

それで良いのだという主張なら、賛同はしないですが或る程度理解できます。が、大切な家族や友人がそうなってもそう達観できるのかな?

本来の自然界の輪から外れて増えて生態系に影響も及ぼしてしまっている人としてはこれからどう知恵を絞って生態系と折り合えればいいのかが今後の課題ですが、果たして。倫理や他者への思いやり、多様性を認める動きもある人類なので、この分野でも出来るとは思うのですが、

と話がつい逸れてしまいましたが、そんな人類の知恵、に疑問符を付けられてしまう事態が、、

f:id:morigaii:20210616220939j:plain

これはひどい

大きい方のS池の公園で。花火打ち上げ(人家も少し離れているとは言えある中これ自体もどうかとは思うが)あとの不始末・・・。

あとで市役所の不法投棄対策の部署に連絡しました。

もうゴミ捨ては罰則にした方が良いと思います。各人のモラルにだけ訴えていても解決はしない気が、こういった事態を見る度思うからです。

f:id:morigaii:20210616221008j:plain

通信にも描かないと、いつかは。

 なかなか撮らせてくれないカラス。あなたはハシボソガラスだね。

カラス(ハシブトガラスハシボソガラス)、トビ、ドバトなどごく普通のこうした鳥も通信には描かないとと思うのですが、描けていません。

でもいづれは描かないと、と思っています。

巣だった子たちがいた一方で(ご近所の自然観察)

5月28日のご近所巡りの様子です。この日も曇り。

N池には鳥の姿がおらず。カイツブリも隠れているのか出てこない。

f:id:morigaii:20210616215930j:plain

f:id:morigaii:20210616215949j:plain

イカさんを仰ぎ見る。

f:id:morigaii:20210616220038j:plain

 

f:id:morigaii:20210616220104j:plain

去年も似たような画像を撮っています;

このテイカカズラの花をモチーフに作陶した陶芸家さんがいて、、と記事に書こうかと思いましたが、去年の今頃もそう書いていたことがわかりました;

つい撮ってしまいますね~。

さて、ミミズバイの枝を見ていたら、

f:id:morigaii:20210616220141j:plain

わずかにですが、実を付けていました!ミミズバイ。

枝の所に緑色の未熟な実がある!

あれ?この実って冬には、

f:id:morigaii:20210616225904j:plain

2020年2月15日伊勢神宮で。

この状態では??今年の冬は見ていなかったけど、、、

f:id:morigaii:20210616230038j:plain

2020年7月10日

去年ここで花は咲いていた・・・。

それがようやく、翌2021年の今未熟な実とは???

もしかして、スダジイのように2年かけて実るとか???

と、いうことで図鑑見てみたら、そうです、去年咲いた花から、実は2年かけて翌年の秋~冬に黒く熟すそうです!!へぇ~~~~!!

この黒いのがミミズの頭、、私にはネズミモチの様にネズミの○○の方が近い気がするんですけどね;

 

f:id:morigaii:20210616220241j:plain

ヤブニッケイ

こちらも花があっという間に終わってしまうこととなりそうです。

電線見たら、

f:id:morigaii:20210616220313j:plain

巣立ちした子ども達の姿は、いつ見てもいいね!

今年生まれの巣だったツバメの子ども達!まだあどけない、嘴が黄色い子たちです!

元気に育ってね♪

さて、池で一風変わった花が・・・。

f:id:morigaii:20210616220422j:plain

一見ケシの仲間に見えたけれど、チリアヤメと言います。

実がケシみたいなので、もしかして、例のアヤシイケシじゃ、と思ったのですが、帰ってからネットで調べたら、チリアヤメという外来のアヤメの仲間と判明です。所によってはとても沢山勢力を伸ばしてしまったみたい。これは今度会ったら抜いて置かなくては(翌週それらしい株を抜いては置きました、が)。

f:id:morigaii:20210616220508j:plain

登場しました。未熟な雄かな?

先週はまだ見られなかった、シオカラトンボです。一見雌みたいだけれども、胸部分が青い、、成熟前の雄みたいですね。

良かった、今年も会えて。

ですが、

f:id:morigaii:20210616220543j:plain

そのそばでこんな光景;

拾えなかったですが、たばこの吸い殻が散乱していました;こういうのはやめてほしいですね!!

続きます。




 

激闘!(ご近所の自然観察)

5月22日のご近所巡りの様子です。

この日は曇り、時々晴。

イカさん見ながら歩きます。

f:id:morigaii:20210614232234j:plain

f:id:morigaii:20210614232258j:plain

両側にチラチラと・・・。

一度抜いたからと言って安心してはいけない・・・。

N池土手の下の方にも咲いていたオオキンケイギク。反対側の農道脇にも。

この日も出来うる範囲のものは全部抜いたのでした。

f:id:morigaii:20210614232328j:plain

ノアザミ

日本の池の土手にはやはり在来のこちらの方がふさわしい。

さて、N池見るとカルガモ2羽と、、カワウが何かと格闘している。

長いものがカワウに巻き付こうとしたりしながら抵抗をしている模様。潜ったり浮かび上がったりしながらの激闘!

f:id:morigaii:20210614232402j:plain

何と!!(目撃は2度目)

もっとそれたしい場面もあったのですが、撮影がね;;タイミング掴めなくて;

おそらくはニホンウナギを食べようとして激しい抵抗に遭っている様子です。

この様子は大分前にもO池で見ている。

しばらく苦闘しているようでしたが、、

f:id:morigaii:20210614232443j:plain

飲み込んだ瞬間!

浅い場所に上がってとうとう丸呑み!!!

丁度喉のところがのたうつウナギの様子を表していて・・・。

前見たときもあっという間に丸呑みでしたね。

後にこのことを探鳥会の場でFさんに言ったら、Fさんは多分海辺でウニをとげのまま飲み込むのを見て驚いたんだって!!喉はかなり頑丈らしい;

そんな激闘を見た後は、、

 

f:id:morigaii:20210614232514j:plain

タブノキの新葉。

f:id:morigaii:20210614232558j:plain

雄株の花と雌株の花、しっかり見分けたい。

クロガネモチの花。こちらは実が成らない雄株の方だったかな?

雌株と雄株、両者の花の違いをいつかはじっくり見たいな~。

花が小さいので、ファーブルを駆使しないといけないかな?

f:id:morigaii:20210614232642j:plain

ヤマハゼの花

f:id:morigaii:20210614232718j:plain

今年もでたのね。

M池で。去年で始めた外来種セイヨウヒキヨモギが今年も出ました。あとでTさんに報告すると、「あれは今後も出てくるよ」とのことです;沢山出てこないといいですが;

f:id:morigaii:20210614232754j:plain

ナナホシテントウヒメジョオン

f:id:morigaii:20210614232822j:plain

食べたかったのだけれど・・・。

この日もゴミ拾い。今年は口に入れずじまいでした。

f:id:morigaii:20210614232854j:plain

 この日も土曜日で、少人数ながらサッカー教室やっていたかな?

先週出会った、カルガモ親子は無事でいるのだろうか(あれ以来見ていないです)?

トンボはコシアキトンボが出始めましたが、まだシオカラトンボは見ていなかったのでした。

あのときもそう思ったのだった。

先記事で取り上げたハーロックOVA

SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK Endless Odyssey1~13巻

の中に、

ハーロックを追っていて遭難、トミ子と一郎親子に助けられ、共に惑星ネオテラに辿り着いたイリタ長官が、そこでのパブかカフェで居心地悪そうにしている中、

マスターがトミ子に、

「政府艦隊が全滅したそうじゃないか~」

と語りだし、政府が言論統制しているのに?とトミ子が聞くと「お上がいくら隠したって噂は広まるさ」と言うので、

「そうだね、人の噂は高速より速いって言うからね~」とのことで。

*実はイリタ長官、そこの艦隊を指揮していたんですがね~、ゾンビみたいな存在のヌーというのに乗組員全員操られて自滅しちゃったわけですが、

その前に自ら首相に働きかけて各星域に言論統制をしていたのだけど、という皮肉な結果になったのでした。

 

この話で当時私は、

「デマも高速で伝わるね」と思ったものでした。

本当はヌーという存在で滅ぼされた艦隊ですが、そこにアルカディア号が居合わせたばかりに、何とアルカディア号が艦隊を全滅させた~なんて世に伝わってしまったのだから。そんなアルカディア号がヌーを追ってネオテラに接近したものだから、みんな大パニックだ~~~。

 

今のコロナ禍の反ワクチン、ノーマスクもそうですね。

子どものためだ何だの言いながら、コロナリスク軽視して、不確かな情報を伝えるあたりなんかね・・・。

情報紐解くと結局アヤシイ出所に辿り着く辺り。虫ずが走ります。

なんでもマスク、体育の時は外して良いよとちゃんと先生が言っていても子ども達の方が感染恐れて外さなかったという話も見た。

苦しくなったら確かにそれはそれで良くないので外して良いけど感染リスク高いときはやはり外すと駄目だし、何にせよ肝心の自治体がしっかりした対策建てられていないなら心配になるのは当たり前。豊橋10代、または10歳以下の感染例も実はあるのですよ;

大分ワクチン情報は、コビナビとか医師関係の方、ジャーナリストの方が客観的な情報を出したりしているので良いのですが、このマスク関連でも検証お願いします。ターゲットがなんかこっちに移った感じもある。

コビナビに意見も出そうっと。

 

以前、DNAの紐と宇宙の関連で書いたとあるアニメとは、このハーロック作品の事なのでした。

ヤッタランがシュレディンガーの猫とかいろいろ解説していたのですね。難しかったですね;

で、言論統制とか噂とか政治の腐敗とか人の精神性の強弱とか、色んなエッセンスもあって面白かった。世界観はもはや松本先生の物ではなかったですが。

(これはりんたろうオリジナル版とも言うべき作品でした)

ヒロインで一番の女っぷりだったのがトミ子母ちゃんだったな。

番役得だったのがコック長のますさんで、何せ襲われかけたところをハーロックにお姫様だっこされて助けられたという・・・。

戦闘場面はかなり後の方でしたね。

原作漫画好きなファンには初期のテレビに増して不評だったようですし、台場君が不良というのにも耐えられなかったらしい;私は螢ちゃんは初期の楚々としながらバトルも指揮もこなす姿の方が好きだったからなぁ、、。

でもヤッタラン副長も魔地機関長もドクターゼロもますさんも登場したし、山寺さんもこの作品でのハーロックは良かったし、私は好きでした。

ラストはまぁ、りんさんならではでしたね。

りんさん、最近はあまりぱっとしない感じなのかな~?

ハーロックよりすこし前に手がけた手塚治虫先生原作の「メトロポリス」も良かったですよ。こちらも原作と大分違った内容になったけれど、現代のAIと人との仕事の兼ね合いにも似たものを感じたりしてしまったし、何にせよロックの義父に向けた偏愛が凄まじかった・・・。

 

*ちょっと長いですが、良記事だと思います。

新たに記事起こすのも何ですので、ここで。 

note.com

マスクに関してはこちらを。この方は「ノーマスク」という立場で書いたわけではないようです。だからこれを貼っておきます。

kodomoe.net

 

次回からまた通常にもどしたい;;

 

副長の含蓄(笑)

もう20年近く前になろうとするのか・・・。

ハーロックOVA(後に深夜枠でもテレビ放映)作品が出て、

その中の、「ヤッタラン30秒の賭け」があって、

パノプティコンの政府がハーロックを呼び寄せて抹殺するための囮として、囚われていた副長ヤッタランや有紀螢を公開処刑しようとするのだけれど、果たしてキャプテンは来るんだろうか~、な話になり、

 

ヤッタランが「あの人は、ワイらに自由に生きろ~と言うて船(アルカディア号)から降ろしたんが、それは捕まるんも自由、脱獄するのも自由、処刑されるのも自由~っちゅうことや、違うか、螢・・・。」

と言って螢をどきりとさせたのであった・・・。

 

ここでの副長は結構含蓄やら蘊蓄が多いです(笑)。

でもそれでも罠でもキャプテンはここに(助けに)来ていると思う、と言う螢に対して、「ワイもそう思う、もうしそうでなかったら、生き延びても仕方ない」みたいなことを言って、アルカディアの乗組員やヤッタランは他人頼みな人間じゃないはずだ~、という意見もファンの不満派にはあったのでしたね。

 

ま、キャプテン(ハーロック)を信じているという証左で、処刑ギリギリ30秒前の時間を稼いだら、確かにパノプティコンにラム戦方でアルカディア号突っ込み、皆は救助されたのでした~~。

 

副長、いざというとき以外はプラモいじりに忙しいねん、という元の性格は健在!

 

で、今のご時世、ワクチンするもしないも自由、マスクも自由でいいよと言うなら、感染して大変なことになるのも、誰かに移すのも(ヲイ;)自由~ということで(恐;)

その先は書かないこととする。

 

或る方がワクチン打たないでも防ぐ方法は二つあると良い、引きこもって人に会わない日々を送るか、或いは人類がいなくなる、、、とツィートしていました。

 

激しい運動などではしなくていいし、人気の少ない外でもしなくていいけど、外でも多数集まるとか運動しないときなんかはマスクはした方がいいぞ。

おかあさんといっしょ」がコロナ禍の中色々な工夫をしているらしい。表情に焦点を当てた歌やジェスチャーなんかもあるらしい。そういう工夫がいいね。

 

*結局、豊橋の何が駄目なのか、と言うと、感染防止の基準、殊に学校での対応がちぐはぐで、方針がはっきりしないと言う点ではないだろうか。部活やるやらないがいつでどうとか、プールの授業を一旦中止したけど緊急事態宣言明けにはどうやらやるっぽいとか(しかし、感染者はあまり減っていないけどこの状態で解除されたらどうするんだ;)、学校での感染報告が無いのかまたはあっても公表しないのか、、まるで分からないという、そういうところかと。これでマスクフリーは危険な気もする。勿論激しい運動や部活動ではしない方が良いと思うが、皆でだべりながらの下校時は危ないっしょ;マスクしない代わりにしゃべっての下校禁止!!なんてした方が強制社会になっちまう。コロナ不安で登校見合わせでも可、と言う風にも今なっていないのかな??

この辺はきちんとしたガイドラインがあったほうが良いと思う。

ワクチンの科学性もですが、マスクの科学性に関しての不確か情報に関しても、コビナビ、知念先生、忽那先生当たりがどう見解示すのかも知りたいところ。

色々。

先ほど、市からの返信メールに、下の記事に記載した具体例をふまえた対応願いを書いてお返事しました。

 

豊橋じゃないですが、、

またまた、世の中、カルトっぽい動きが起こっている、、。

本当に、やれやれ~~です;;

 

SNSに書いたり、関連記事のシェアしたくなるのをこらえているのは、反動でその手の記事が来そうなのを防ぐためですが、

「コロナは風邪派」の反ワクチン、ノーマスクの皆さんいい加減にしてください;

京都の電話攻撃とか、平気での飲み会やって高熱出しても好転反応だので病院行かない→あげくに家族も感染の様子を平気で上げている神経は堪らないです。

だったら見なければ、ですが、そうでないところでも見てしまうのですよ。

確かに自粛やマスク生活も、引き替えの何らかのリスクはあるでしょうが、感染というリスクの方が遙かに大きいし、子どもさんへの影響は別の方法での回避策を探って欲しいです。

本当にカルトでしかないですよ(怒)。

私は一応?自然派ですが、調子悪くなったら病院は行きますし薬も飲みます。