もり~ゆ 野巡りの日々、第3章

身近な場所を始め、自然のことなどを書いていきます。

どんぐりの実なり状況報告 2022年 第3回

愛知県民の森でのツクバネガシ。

 

 豊橋市U町
2007年コナラ 豊作  スダジイ 不作(但しM池のスダジイ1本は並作の模様) アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2008年コナラ 並作  スダジイ 並作(M池の樹は伐られてしまった) アラカシ(S池周辺の1本)豊作

2009年コナラ 並作  スダジイ 並作  アラカシ 並作

2010年コナラ やや不作 スダジイ 並作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作

2011年コナラ 不作  スダジイ不作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2012年コナラ 不作  スダジイ やや豊作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2013年コナラ やや不作 スダジイ並作  アラカシ(S池周辺の1本)並作
2014年コナラ やや並作 スダジイ不作 アラカシ(S池周辺の1本)大豊作
2015年コナラ 不作  スダジイ並作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作

2016年コナラ 並作  スダジイ並作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2017年コナラ 並作  スダジイ やや豊作  アラカシ(S池周辺の1本)豊作
2018年コナラ 並作(但し青い内に落ちたかも) スダジイ 並作 アラカシ(S池周辺の1本) やや不作
2019年コナラ やや豊作  スダジイ 豊作(神社が結構多い)  アラカシ(S池周辺の1本) 豊作
2020年コナラ 不作  スダジイ 並作 アラカシ(S池周辺の1本) 豊作 アカガシ凶作(1個だけ)

2021年コナラ やや豊作 スダジイ 豊作 アラカシ(S池周辺の1本)豊作 アカガシ凶作(1個だけ)

2022年コナラ やや豊作 スダジイ並作 アラカシ(S池周辺の1本)大豊作 アカガシ凶作

 

豊橋市葦毛湿原
2007年コナラ 豊作 アベマキ 不作  アラカシ 豊作
2008年コナラ 並作 アベマキ 並作  アラカシ 不作か?
2009年コナラ 不作 アベマキ 不作? アラカシ 並作か?
2010年コナラ 凶作 アベマキ やや不作 アラカシ 不作
2012年コナラ 並作 アベマキ 凶作  アラカシ 並作
2013年コナラ やや豊作 アベマキ並作 アラカシ並作か?
2014年コナラ 凶作 アベマキ 不作  アラカシ やや不作
2015年コナラ 凶作 アベマキ 凶作  アラカシ 並作

2016年コナラ 凶作 アベマキ 並作  アラカシ 不作? 

2017年コナラ 凶作 アベマキ 凶作  アラカシ 並作 

2018年コナラ 並作

2019年コナラ 不作 アベマキ やや不作か アラカシ 並作

2020年コナラ 凶作 アベマキ 不作か アラカシやや不作

2021年コナラ 大豊作 アベマキ 不作か アラカシ 並作

2022年コナラ 豊作 アベマキ不作 アラカシ 豊作

 

豊橋市赤岩寺
2013年コナラ やや豊作 アベマキ豊作 スダジイ凶作 ツクバネガシ豊作 クリ(1本)豊作

 

豊橋市岩屋山
2007年コナラ 豊作
2008年コナラ 並作
2009年コナラ 豊作(野鳥同好会Fさんのお話より)
2010年コナラ 凶作 アベマキ並作か? スダジイ並作
2013年コナラ 豊作

2018年コナラ 不作

2021年コナラ 豊作 ツブラジイ やや豊作か

2022年コナラ 並作 ツブラジイ  アベマキ 並作

 

豊橋公園
2007年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 豊作
2008年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 不作
2009年スダジイ 不明   アラカシ 豊作  シラカシ 不作 ツクバネガシ 並作
2010年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 並作 ツクバネガシ 凶作 アカガシ 凶作 
2011年スダジイ 豊作  アラカシ 豊作  シラカシ 並作 ツクバネガシ 並作 アカガシ 並作
2012年スダジイ 並作  アラカシ 豊作  シラカシ 並作 ツクバネガシ 不作 アカガシ 不作
2013年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作 シラカシ 並作 ツクバネガシ やや不作 アカガシ やや不作
2014年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作  シラカシ やや豊作 ツクバネガシ やや不作 アカガシ やや不作
2015年スダジイ 豊作 アラカシ 並作  シラカシ やや豊作 ツクバネガシ やや並作 アカガシ 豊作 コナラ 並作

2016年スダジイ 豊作 アラカシ 並作  シラカシ 並作  ツクバネガシ 並作 アカガシ不作 コナラ凶作の模様

2017年スダジイ 豊作 アラカシ 並作 シラカシ 豊作  ツクバネガシ 不作 アカガシ 不作 コナラ やや不作か

2018年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作 シラカシ 並作か ツクバネガシ 不作 アカガシ 凶作 コナラ やや不作か

2019年スダジイ 豊作 アラカシ 並作か シラカシ 並作 ツクバネガシ やや並作に訂正   アカガシ 凶作 コナラ 不作 

2020年スダジイ 豊作 アラカシ 豊作 シラカシ 大豊作 ツクバネガシ やや不作 アカガシ 豊作 コナラ 豊作

2021年スダジイ 豊作 アラカシ 大豊作 シラカシ 並作 ツクバネガシ 不作

アカガシ 豊作 コナラ 並作か

2022年スダジイ 並作 アラカシ 大豊作 シラカシ 並作 ツクバネガシ 不作

アカガシ 不作 コナラ 豊作


豊川市塚山公園
2007年コナラ 豊作  ツブラジイ 豊作

 

田原市蔵王山
2007年コナラ 豊作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 並作か?
2008年コナラ 大豊作 スダジイ 豊作 ウバメガシ やや豊作
2009年コナラ 並作  スダジイ やや豊作 ウバメガシ やや不作
2010年コナラ 不作  スダジイ 大豊作 ウバメガシ 並作  アベマキ 並作
2011年コナラ 豊作  スダジイ 不作(一本のみ豊作) ウバメガシ 豊作 アベマキ 並作
2012年コナラ 並作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 不作  アベマキ 豊作
2013年コナラ 豊作  スダジイ 並作  ウバメガシ 並作  アベマキ 並作
2014年コナラ 豊作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 豊作  アベマキ 大豊作
2015年コナラ 不作  スダジイ 豊作  ウバメガシ やや不作 アベマキ 並作 
2016年コナラ やや豊作 スダジイ 凶作 ウバメガシ 不作 アベマキ 並作
2017年コナラ 並作   スダジイ 並作  ウバメガシ 並作 アベマキ 並作

2018年コナラ 凶作  スダジイ 豊作  ウバメガシ 不作  アベマキ 並作

2019年コナラ 豊作  スダジイ 並作   ウバメガシ 凶作  アベマキ 並作

2020年コナラ 豊作 スダジイ 大豊作 ウバメガシ 不作  アベマキ 豊作 

    クリ 豊作

2021年コナラ 豊作 スダジイ 大豊作 ウバメガシ 並作 アベマキ 並作

   クリ 並作

2022年コナラ やや不作 スダジイ やや不作 ウバメガシ 並作 アベマキ 並作

   クリ 豊作

 

田原市伊良湖岬
2010年ウバメガシ 並作
2012年ウバメガシ 豊作
2013年ウバメガシ 並作
2014年ウバメガシ 並作
2015年ウバメガシ やや豊作

2018年ウバメガシ 豊作

2019年ウバメガシ 並作

2020年ウバメガシ 並作

2021年ウバメガシ やや豊作

2022年ウバメガシ やや不作か

 

 

愛知県民の森

2019年 アラカシ 並作か ツクバネガシ 大豊作の木が一本

2022年 アラカシ 並作 *ツクバネガシ 並作 ウラジロガシ 不作か

*ツクバネガシ、と見ていますが、もしかしたらオオツクバネガシの可能性もあるかも知れません。

 

豊田市小原村

2019年 シラカシ 大豊作 アベマキ 豊作

 

瀬戸市海上の森
2007年コナラ 豊作  ツブラジイ(多度神社)不作 アラカシ 不明(11月4日篠田池堰堤上の樹は豊作でしたが)
2008年コナラ 並作  ツブラジイ(多度神社)並作 アラカシ 不明
2009年コナラ 大豊作(「カシノナガキクイムシによる種の脅かしに備えてか?) ツブラジイ不明 アラカシ不明
2010年  未調査
2011年コナラ 不作 ツブラジイ不明 アラカシ 並作か? アベマキ不作か?
2012年コナラ 大豊作  ツブラジイやや不作 アベマキ 不作か?
2013年コナラ 凶作 ツブラジイ(1本)豊作 アベマキ不作 アラカシ並作か?
2014年コナラ 凶作 ツブラジイ 不作             アラカシ 不作
2015年コナラ 不作 ツブラジイ やや不作 アベマキ不作 アラカシ不作
2016年コナラ 大豊作 ツブラジイ 豊作(里山サテライトそば) アベマキ 並作 アラカシ 豊作

2017年コナラ 凶作 ツブラジイ豊作(多度神社そば) アベマキ 凶作 アラカシ 不作か

2018年コナラ 豊作 ツブラジイ 不作 アベマキ 不作? アラカシ 豊作

2019年コナラ 並作か ツブラジイ 不明 アベマキ 並作? アラカシ 並作か

2020年ツブラジイ 並作か(多度神社そば)

 2021年コナラ 大豊作

2022年コナラ 豊作 ツブラジイ 不明 アベマキ 凶作か アラカシ 並作


瀬戸市愛知陶磁資料館
2008年フモトミズナラ 豊作(主人が拾った様子から)

油断は出来ません!

www.instagram.com下の記事で、建設予定地域が、大雨の時に氾濫地域になることが想定される場所とされていることがニュースになったアリーナ問題ですが、

「これでもう豊橋公園での建設は見直しになるに違いない」と考えるのは早すぎます。

未だこの計画が中止に決まったわけでは無いです。

というわけで、引き続き、市民の意思を豊橋市に示すための「住民投票を求める署名」へのご協力、よろしくお願いいたします。

と、、こう書いている自分もそろそろ集めるの頑張らないと・・・。

リンクのインスタ記事では、署名に出向いたり、受任者登録になって署名簿を受け取りに行ける場所についてもトップで載っていますので是非ご覧下さい。

はい、ニュースになっています。アリーナ問題で。

nagasakanaoto.blog.jp

こちらのブログも、各SNSも、「アリーナ問題祭り」になってしまうのは時節柄やむを得ないのでご了承下さい。

確か、以前大雨になったとき、このあたりの豊川氾濫しているのを話題になったことがあるのを思い出しましたし、過去には、

水害救助に当たった警察官が殉職した出来事もあり、その碑も残されています。

(画像管理はこうしたとき役に立つ・・・。)

 

「まさか、護岸すれば大丈夫」なんて言い出さないかと心配している仲間の方の声もありますが、私も実はそれを心配しています。

今なら、見直しできます。

 

無題。

ようやく多かった内職終わって、しばらくぼ~っとしとりたいのです。。。

挑戦してみたボントクタデ。花の部分をそれらしく描こうとすると結構難しいことが良くわかった。イヌタデは割りとその分楽ですよ。ちょっと修正液が目立つ;;

こちらもそんなに苦労は無かった方。

こうやって載せると粗が分かる;気になる箇所があったので修正しました。

絵を描くと言うことは、ある種の精神安定剤のようなもので、夜中に描きたくなったり、忙しい日に限って描きたくなったりします。

今はその気力も無いですが;

 

さてさて、、

前にこちらでも紹介した間宮さんという方が、最近問題提起されたオーガニック運動の在り方について読んで、私もまた思うこと書いてみようかな、、と思っています。

間宮さんはオーガニックが好きだからこそ、誤った発信はやめてほしいという立ち位置の人です。

私もオーガニックは好きな方です。でも関心を持った発端は、やっぱり生き物との関わり面からですね。

 

私がこの地で何に飢えているのかが分かった、所謂「生き物文化」「生き物好き」がメジャーになりにくい事なんですね。

アリーナ関連のサイトのご紹介

アリエル豊橋さんという方が以下のようなサイトを作られました。

時折ツィッターで検証記事を書かれていたことの総まとめみたいな内容かな。

凄く分かりやすいと思うので是非ご覧下さい。

 

sites.google.com

この日は5頭でした(ご近所の自然観察)

11月18日のご近所巡りの様子です。

この週は、月曜日に私がコロナワクチン4回目接種で、翌火曜日は様子見で自宅でした。

副反応は、殆ど無し。今までの中で1番軽いですね。

ただ、4日後にお腹を壊したり若干の悪寒、5日後に頭痛(偏頭痛)があって、もしかしてこれそうなのかな~、と。でもこれらの不調は悪寒を除いて度々あるので何とも言えないですね;

家人も、Yu-Yuさんも接種完了で、現在何も無さそうです。

色々今回の2価ワクチン、言われていますが、我が家はこんな感じです。

さて、18日は11日の歯科検診で分かった歯の治療が午後からある・・・。

ということでまたもやその合間を縫ってのご近所巡りでした。

この前よりちょっと紅葉進んだ感じかな?ツタ。

池の土手はすっかり草刈りされた。

歩いている私の目の前に現れたハクセキレイ、ありがちな光景なんですが、え!?良く見たら、セキレイ自慢の長い尾が無い!!本人は至って元気いっぱいそうですが。どうしたのかな~?頑張ってね!!と声をかけたくなります。尾がまた再生されますように。

キヅタの花盛りになるね。アブが一杯蜜を求めて集まっていましたよ。

記録を取っているバインダーに、突如、アキアカネがちょこんと停まって「何してるの?」とでも言うような感じで首をかしげていた。すぐ飛び去っちゃったけれど。

貴方の分もカウントしておくね。

この日のアキアカネは計5頭でした。多くは無いね・・・。

 

O池ではヤマザクラに3羽のシジュウカラたちが。

ビワも咲き始め。

 

大きなS池、水が大分無くなっている!ここのところ雨が降らないからかな?ここは数少ないカイツブリ繁殖可能な池の一つなので、池の環境が保たれて欲しいのですが。

この辺では割りと普通にあるサネカズラが色づき始めていました。

11月13日葦毛湿原探鳥会

11月13日は、東三河野鳥同好会主催の葦毛湿原探鳥会へ。

35分遅れで到着、、、開始時間に着けるよう頑張ります(笑)。

トゲナナフシを捕まえたんだって。実物は初めて見る。

こんな素敵な案内がありました。絵が素敵!

葦毛の生き字引的存在、Fさんよりコバノクロウメモドキと教えて頂きました。植物も、まだ自分の知らない種がある!

川にはモクズガニがいました!

あれ~、未だ青いアラカシのどんぐり。

 

この日はアキアカネやヒメアカネのアカトンボの仲間をどれだ、と見たりしながら歩きました。

この日確認出来た鳥は16種でした。