もり~ゆ 野巡りの日々、第3章

身近な場所を始め、自然のことなどを書いていきます。

通信211号

できました・・・。

今回春の似たもの同士さんを取り上げました。

左は在来種ですが、右2つは外来種、うち1番右は最近見られるようになったもの。

左から、ホトケノザヒメオドリコソウ、モミジバヒメオドリコソウ、です。

似たもの同士ですがこうして並べてみると違いが分かりますね。

一つ一つこうやって見てみると相手のことが分かる、と思います。

モミジバさんは割とだらだら~っとホトケノザさんよりも咲いている感じで、そろそろ採りに行こうか、と来たら、除草剤かけられたのか、自然に枯れたのか、大分無くなっていて一株綺麗なのが採れたので、この日行って来て良かった、と思いました。

でも直に復活しそうです。

そしてもう1箇所でも見つかった。

この方がいる場所って荒れ地的な場所で、環境的に良好、と言えない所にあるような気がします。

今回は表が2つスペース占めるのでシンプルな感じになったかな。

次号、あの草を描ければ、と思っています。