もり~ゆ 野巡りの日々、第3章

身近な場所を始め、自然のことなどを書いていきます。

2月5日のまなざし自然観察会の報告(ブログ版)。

2月5日に開催されたまなざし自然観察会報告詳細版です。

もうすぐ開催してみて1年!

毎回参加者がどなたか見えて有り難いです。でも、当日蓋を開けてみないと分からない面も・・・。どうなるだろう?でもとにかく自分が楽しもう!そういう思いで。

と、いうことで、

2月4日の下見から。

まだシラカシのドングリがあるのでここは抑えておきたいな。

虫たちの冬越しの場として、気に付けられた名札の裏が格好の場所だったりします。コカマキリの卵鞘が見られました。ここはチェックしておこう。

もうウメが咲いているな~。

長いこと修復作業中だった石垣。ようやく終わったみたいです・・・。

ヤドリギには実が一杯だ!!今季はレンジャク達は果たしてくるのだろうか?

ワンカップヤマガラが?水を飲みに来たんですよね。

いたのはこの場所でした。

公園内は大分マット上の所は無くなってきたメリケントキンソウ。除草剤が功を成しているのかな?でもまだ見られますよ。

マンサクの花芽。マンサクの花芽はかなり早い時期から出来ているのですが、花芽の着く時期は割と早い頃かららしいとこの前教えて頂いたのでした。

開花後、いつぐらいから出来はじめるのかな?ここでは近い位置で見られるので、今度追跡調査したいと思います!!!

シナマンサクはもう咲いていた~!!

ヤブツバキに、

公園に1本?あるムラサキシキブに実が成っていました。

色々当日の心つもりをして、お昼に買ってきたパンと水筒のお茶でベンチでご飯食べていたら、頭上をエナガシジュウカラメジロコゲラなどのカラ類混群が飛びかっていって取っても幸せな気持ちになれました。

さて、当日は!?

続きます。